西友さん前からマイクをにぎらせていただきました。 皆さんの生活実感、皆さんの思い、国政の場にしっかりお届けしたい!赤松広隆にその役目、どうか託してください。

b648429592bc214fd4b9

北名古屋のナフコ師勝中央店さん前からお訴えさせていただきました。 お買物中にもかかわらず、耳を傾けていただきまして、ありがとうございました。 これまでも重ねて、お訴えさせていただいております。「誰のための政治なのか」と。どうか皆さん、党派を超えての応援をよろしくお願いします。

9b4d9ca932f877bf563b

北名古屋のヨシヅヤ師勝店さん前から。 雨もあがり、街宣カーで各所を回るペースも快調です!お手伝いをしてくださる皆さん、今日もありがとうございます。感謝!(拝)

9adaf71521f1a5ceace3

北名古屋市、安田工機さんにおじゃましました。 昼食休憩のなか、ありがとうございました。

fb7435db5940b90da73d

師走の総選挙。

気忙しいなか連日お騒がせをしております。

 

さて、12月2日に公示されたこのたびの総選挙も14日投票といよいよ最終盤に入りました。

公示日以降、多くの支援者と連日連夜、声をからして走り続けてまいりました。

心から感謝を申し上げます。

そして、行く先々で胸が熱くなるあたたかいエールを送って下さる皆様。

本当にありがとうございます。

 

短い選挙戦なので、この場でも私の考え方、訴えてきたことを記しておきたいと思います。

 

まず、このタイミングでの解散・総選挙について、争点がぼやけて有権者の関心が低いと巷間言われています。

来年には安倍政権にとって厳しい政治課題が山積しているので、今のうちであったら投票率も低くなるし争点もハッキリしないので自民党にとっては有利に働くであろうという魂胆であったはずです。

残念ではありますが、いまのところ安倍総理の狙いが当たり投票率が低くなって、自民党に有利な予想が出ています。

でも、それっておかしいと思いませんか?

本来、選挙というのは国民の声を聞くためにやるはずです。

お互いの意見を各政党・候補者が述べあって、投票する皆さんがそれぞれ判断をして投票をしていただくのです。だからこそ税金700億円をかけても選挙は正当化されるのです。それをまるで争点を隠すような、こういう時期に投票率が低い選挙を狙ってくるという安倍さんの考え方自身が民主主義に反しています。有権者を馬鹿にしているとしか思えないのです。

 

この選挙で自民党が300を超える議席を得たらどうなるか?

安倍さんの動きは止まらないでしょう。安倍総理は「この道しかない」と繰り返しています。では、その道が皆さんが考えている方向と違う方向にドンドンと向かってしまったらどうしますか?

私はこの選挙で、安倍政治の暴走に歯止めをかけるには、私達に一定の数を与えていただく。それしか無いと思います。

もちろん私たちは今回の選挙で一気に政権に返り咲くとは考えていません。我々も反省すべき点は反省し、改革すべきところはしっかりと改革していかなければなりません。そのうえで、今回の選挙で民主党がもう少し数を増やしてしっかり国会で存在感を発揮できる、安倍さんの暴走を抑えられる、そういう存在にしてくださいとお願いしています。

 

アベノミクスで安倍さんはやがて国民の一人一人の懐が温かくなると言っています。

はたして本当でしょうか?

皆さんは二年間も待っています。だけれども、格差は今日も確実に拡がり続けています。

多くの人にとってはむしろ物価が上がって実質所得が目減りしているのが現実ではないでしょうか。

もう少しで皆さんの懐が温かくなるといいますが、ほとんどの方が二年も待ってアベノミクスの恩恵を受けていないのが現実なのです。私はもっと生活者、勤労者に目を向け、格差社会を是正する必要があると考えます。

 

先の国会で安倍さんは成長戦略の一環として、労働者派遣法の改悪法案を国会に提出しました。

安倍さんは、派遣労働をやり易くすれば、成長に資すると言っています。もちろん、上場企業の経営者の中にはそういうことを言っている人もいます。

私達はこう考えています。派遣労働をやりやすくすればその分、正社員の職が減ります。正社員が減れば更に格差が広がります。

過去20年間、正社員の数はどんどん減ってきて、非正規の働き方が増えて、平均賃金が下がりました。そしてデフレになった。

それがこの20年です。それを変えようとすれば、なるべく安定して働ける日本にしていかなければだめです。

特に若い人たちが最初から非正規で、そして所得が少なくって結婚も諦め、子どもも諦めなきゃいけない。

そういう日本に今なりつつある。本当に危機的状況なんです。

40歳で未婚の方が男性で3割、女性で2割。その中にはもちろん自分の意志で結婚しない人もたくさんいるけれども、経済的理由で結婚できない人が本当に沢山いる、それが今の日本の現実なんです。

それをしっかりと変えていくために、どうか力を我々に貸していただきたい。

 

続いて「人に対する投資」。

これは私達が最も重要と考えています。だから私たちが政権を担わせて頂いた時代には、小学校1年生の35人学級化を進めました。

高校授業料無償化も実現しました。

子どものチャンスは平等でなければならない、親の所得等の事情で大切な子ども達のチャンスが奪われてはならない、と思ったからこそ、高校授業料無償化を実現しました。

そして、高校生が家庭の経済的な事情で中途退学する数は半分になりました。

 このように「人」を大事にし、そして人の能力を高めることで成長していく。

我が国は資源も少なく、国土も狭い。つまり、人しかないのです。

人の力を伸ばし、活かす。チャンスも平等に。

それこそが私達が信じる成長戦略です。

 

 

「集団的自衛権行使」の問題。

国民と国会を無視し、閣議決定に踏み切った安倍さんのやり方は間違っています。

これは集団的自衛権の行使容認とは憲法の解釈を変える話です。

これまでの自民党の歴代の総理大臣は、集団的自衛権の行使は憲法違反だと言ってきました。

集団的自衛権の行使とは、海外に自衛隊が出て行って武力行使するということです。それをどういう風に制限するか、という一番肝心なところが全くわからない。なので閣議決定する前に、国民にとって重要課題であるこの問題を国会において、堂々と議論しましょう、と呼びかけましたが、残念ながら与党間の談合のみで閣議決定してしまった。

そして、一年前を思い出して下さい、秘密保護法案の強行採決されたことを。

いまだに反対する意見が賛成を上回っています。しかし、「知る権利」と「報道の自由」を無視したこの法案が先日施行されました。

圧倒的多数を占めた与党が、あれもこれもとやりたいことを議論も無いままドンドンと強行していく。安倍政権にブレーキがかからなくなったら、本当にこの国はどうなってしまうのか?

私たちの大切な子どもや孫、愛すべき家族はどうなってしまうのか?

 

私は問いたい。本当にこのままで良いのですか?

 

我々は何が何でも反対という無責任な立場は取りません。良いことは良い、ダメなものはダメと是々非々の立場です。

政治は国民のものなんです。

 

どうか、一度立ち止まって考えて下さい。これからを真剣に考えて下さい。

そして、少しでも共感していただければ私達に力を貸して下さい。

 

国民の暮らし、最優先。

私はひるまず、ブレず、信念のもとにまっすぐ訴え続けていきます。

 

 

 

 

 

今回の選挙、これまでにない低投票となることが連日のように報道されています。 数の力で強引に推し進めようとする今の政権運営を利するものになりかねず、なんとしても、ブレーキをかけなければなりません。 安倍政権は「この道しかない」一辺倒です。日本の先行きが、今後、どうなるのか、もう一度、立ち止まって考えていただけないでしょうか。みなさんの貴重な一票によって流れを変えてください。この赤松広隆に力を与えてください。

5a4878626cb6e02a324f

トナミ運輸さんの朝礼におじゃましました。 貴重なお時間をありがとうございました。 こうして、多くの皆さまからのお支えあって、今日まで走り続けることができています。 残すところ、選挙戦もあと3日となり、これからが正念場!どうか最後までのご支援、よろしくお願いします。

80615fbff69c053c77dc

おはようございます。新清須駅から朝のごあいさつです。 雨の中での通勤・通学、おつかれさま。いってらっしゃい。

33642f75034f4dbe7dc1